チャームから底砂が届いたよ。「湧水の砂」はこんな砂でした。

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

こんにちは♪

先日チャームさんで「湧水の砂」というシリーズの底砂をメダカ水槽用に注文しました。

ソイルと違い洗うのが面倒ですが、なかなか良い感じの砂でした。

湧水の砂はどんな砂?

「湧水の砂」には砂粒の大きさ、分量によって何種類かあるのですが、今回購入したのは「No.01 Spring Water(湧水の砂) プレミアム 3リットル(30cm水槽用)」です。

実家用と合わせて2袋買いました。

1袋の大きさは2Lペットボトルと比べてこのくらい。

砂粒の大きさ

砂は湿気のないさらさらした状態です。

手のひらに出してみて粒の大きさを見てみると、最大でだいたい1mmくらいでしょうか。

拡大してみます。単独の種類の砂ではなく、透明なのや茶色、黒、白など、色んな素材の砂粒が混ざっています。

特徴

チャームさんの説明では、なるべく角のない丸みのある砂を使用しているとのことです。

熱帯魚、水草、金魚、メダカ用として一般に広く使われている底床素材です。湧水をイメージした底床素材です。粒が比較的丸いものを選別されているので、水草育成やコリドラスなどの低層魚飼育に適しています。

先ほどの拡大画像を見ても、確かに角ばっている砂は見当たりません。メダカもびっくりしたときに、ときおり底砂に体をぶつけることがあるので、生体にやさしいですね。

使うにはまず洗う

面倒ですが、砂の場合はソイルと違い洗わないといけません。

バケツを使って1Lずつ洗いました。

洗浄1回目はけっこう汚れ(砂の微粒子?)がでてかなり濁っています。

こだわって完全に透明になるまで洗おうとする人もいるようですが、僕は妥協して5回目で終えました。

少しだけ濁っています。透明にしようとするとキリがありません。

3L入りを3回に分けて洗ったので15回すすいでいます。

水がとても冷たく、手がキンキンしました。シモヤケもあったのに!幸いシモヤケが新たにできることもなく、悪化もしませんでした。

水槽にセッティング

洗い終わった砂を水槽に敷きました。

前面部分で約5.5cm、奥が約6.5cmくらいにしました。

チャームさんの説明では30cm水槽用とあったのですが、けっこう厚めになりました。

ちなみにこの水槽のサイズは、横30cm、奥行20cm、高さ25cmです。

底砂部分をのけた実際にメダカが泳ぐ生活域の水量は約7Lとなりました。

メダカも喜んでいる(はず)

一晩ほど置いて水をならしてから、メダカを慎重に水合わせして(重要!)水槽へGO!

こんな風にメダカ水槽ができましたよ。

個人的な感想ですが、ソイルのときより自然を感じられるような気がします。水草が伸びてくればなおさら。自分としては満足です。

砂は洗うのが面倒ですが、繰り返し使えるので経済的でもあります。

水槽の印象を変えたい、コリドラスも飼っている、という方にもよさそうです。

チャーム本店 No.01 Spring Water(湧水の砂) プレミアム 3リットル(30cm水槽用)

この記事はいかがでしたか?他の記事も見ていただけると嬉しいです♪
  • いいね (4)
  • 読んだよ (3)

ブログ応援ボタン
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

フォローすると更新情報が届きます♪