メダカの稚魚を隔離ネットからプラケースへお引越し

友達とシェアする

こんにちは♪

9月末に生まれたメダカの稚魚ちゃん。約1か月が経ちました。

あれから3匹死んでしまい、現在は3匹残っています。

亡くなった針子たちは、もともと生まれた時からほとんど泳がず、弱々しかったので、自然の摂理かなと思います。

そして残った稚魚たちですが、秋ということで水温が低いせいなのか、居住スペースが狭くなってきたせいなのか、なかなか大きくなりません。

大きいので1.2センチくらいです。

スペースが狭いと大きくなりづらいという話もあるので、隔離ネットを卒業し、プラケースへ移動させてみることにしました。

スポンサーリンク

寒くなる季節なのでプチプチで保温対策

お引越し先は、これまでの隔離ネットの約2倍のスペースのあるプラケース。

約2リットルの水量が入ります。

秋冬は冷え込むので、これに保温のためプチプチを巻き付けました。

水は親の飼育水で

親メダカの水槽に隔離ネットを掛けていたので、その飼育水を使用しました。

春に育てた稚魚の経験から、やはり元いた環境と同じ方がストレスもなく、致死率も下がると思いました。

すくい網(タモ)で丁寧にすくって、水を張ったプラケースへ移動。

1匹だけちっちゃいのは、いちばん最後に生まれた稚魚です。1センチにもなっていません。

エサはちゃんと食べているのですが、なかなか大きくならず、生育不良ではないかと心配です。

なにはともあれお引越し完了。メダカちゃんもウキウキ?

プラケースへお引越ししたメダカの稚魚ちゃん

大きくなあれ!

親メダカの水槽の横に置きました。

とりあえずこれで様子を見てみます。

親メダカたちはピンピンです!

稚魚ちゃんたち、大きくなあれ!

  • いいね (1)
  • 読んだよ (1)
スポンサーリンク
読んでくださりありがとうございます♪

ブログランキングに参加しています♪
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

友達とシェアする

フォローすると更新情報が届きます♪

この記事をお届けした
下町メダカ日のFacebookページを
いいねしてチェック!
スポンサーリンク