【元気によく育つ!】メダカの稚魚の餌おすすめ3選

メダカ ハイパー育成稚魚の育成

こんにちは♪

春から秋はメダカの産卵の季節です。

稚魚(針子)は生まれたてはヨークサックといわれる栄養袋がお腹にあります。

ヨークサックは数日で使い果たされてしぼんでしまいます。そのため、孵化しておよそ3日目くらいからエサを与えはじめます。

稚魚の死因のほとんどが餓死ともいわれていて、この時期のエサやりが生存率・死亡率にも直結するので、注意が必要です。

エサをよく食べれば、稚魚は元気にグングン成長します。

この記事では、誰でも与えやすく失敗しにくい、メダカの稚魚のエサを3つ紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

失敗しにくい稚魚のエサ選び

メダカのエサは大きくわけて、フレークタイプとパウダータイプがあります。

成魚ならフレークタイプでもちゃんと口に入ります。

しかし、稚魚の場合はフレークタイプでは口に入らず、突っついて食べる感じになるので本当に食べられているのか心配です。

そこで僕はあらかじめパウダー状にしてあるタイプをおすすめします。

メダカ 稚魚のエサ

稚魚用のパウダータイプのエサは、かなり細かくされているので、安心して与えることができますよ。

ひかり ちびっこメダカのえさ

2018年はこのエサで幹之メダカの稚魚を育てました。

孵化したてはこれでも大きいと感じるので、これをさらに指ですりつぶして、指に付着したエサをやるくらいがちょうど良いです。

少し大きく成長したら、すりつぶさなくてもそのままでOK。

安価ですが全く問題なく育ち、元気な成魚になりました。

ヒカリ メダカベビー ハイパー育成

「ハイパー育成」っていう ネーミングが何か元気を与えそうでいいですね。

こちらの方が「ちびっこメダカのえさ」よりもカロリーが高めです。

稚魚の良好な腸内環境を維持したり、排泄物による水質の汚れを抑えてくれる「ひかり菌」が配合されています。

嗜好性もバツグン!

こちらも同じく細かいパウダー状です。

エサの与え方は同じです。

今年はこのエサを使っていて、グングン成長しています!

メダカの稚魚

ヒカリ メダカの舞 ベビー

「メダカの舞」はこれまで紹介してきたのとは違い、プレミアムフードです。

メダカの舞は使ったことがないのでエアーレビューになってしまいますが、どちらかといえば、高級な改良メダカの飼育向けではないでしょうか。

「ハイパー育成」と同じく「ひかり菌」配合で、稚魚の腸内環境を整えて栄養の吸収を良くしたり、排泄物を分解して飼育水の汚れを抑えてくれます。

イチオシは「ハイパー育成」!

今回は3種類の稚魚のエサを紹介しました。

どれも良いエサなのですが、その中で1番を選ぶとしたら、僕のイチオシは「ハイパー育成」です。

メダカ ハイパー育成
  • 気楽に育てたいなら「ちびっこメダカのえさ」
  • 「気合入れて育てたい!」なら「メダカの舞ベビー」
  • 「ちょっと親バカ」なら「ハイパー育成」

という基準です。

僕、親バカなんで(笑)

あと、ひかり菌が配合されているので、その効果にも期待しています。

ということで今日は稚魚のおすすめのエサの紹介でした。

イチオシ

2推し

気合入ってるなら(`・ω・´)ゞ

  • いいね (3)
  • 読んだよ (2)

ブログランキングに参加しています♪
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
稚魚の育成
ゆき後輩をフォローする
プロフィール

趣味でメダカを飼育しています。日々メダカに癒されています。わけあって自宅警備員。

ゆき後輩をフォローする
スポンサーリンク
下町メダカ日和

コメント