秋のメダカの稚魚飼育、うまく育つかな?

友達とシェアする

こんにちは♪

10月に近い9月後半に、室内飼育しているメダカの卵を採卵し、無事に孵化しました。

本当は採卵の予定はなかったのですが、卵に目玉があるのを見つけてしまい、つい救出してしまいました。

メダカ飼育あるあるですな。

親メダカと同じ水槽内で隔離網を使って飼育しています。

スポンサーリンク

秋生まれの稚魚飼育は難しい?

僕は秋の稚魚飼育はあまり好きではないんです。

水温の上下が激しかったりして、稚魚の負担になってうまく育たないのではないかと恐れているからです。何度も失敗していますし。

成魚までは3か月くらいかかるので、その時には12月~1月ころになります。水温が低いです。

それならヒーターを使えばよいではないかと言われそうですが、止水飼育ですし、水槽のメダカは室内ということもあって、親だけなら基本はヒーターなしで冬越しもしています。

ただ今回は、場合によってはヒーターもありかなと思っています。

稚魚の様子、成長具合で決めよう、そうしよう。

ヒーターでメダカも水温低下対策の準備をしよう。おすすめは?

稚魚の様子

6匹生まれています。

ちょこちょこ動くので撮影には苦労します。

はじめに生まれた2匹はもう8ミリくらいあります。餌もモリモリ食べています!

小さいので5ミリくらいです。

餌は高級なものではなく、キョーリンの「ちびっこメダカのエサ」を使用しています。

春のミユキメダカの育成でもこれを使いましたが、問題なく成長してくれました。

安いし、細かいパウダー状で与えやすいので、重宝しています。

目指すは全員無事に育つこと

せっかく孵化したので、皆元気に大きくになってほしいです。

愛情を込めて見守っていきます!

  • いいね (4)
  • 読んだよ (3)
スポンサーリンク
読んでくださりありがとうございます♪

ブログランキングに参加しています♪
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

友達とシェアする

フォローすると更新情報が届きます♪

この記事をお届けした
下町メダカ日のFacebookページを
いいねしてチェック!
スポンサーリンク