メダカを室内飼育するときに最低でも持っておきたい飼育グッズ3つ

友達とシェアする

こんにちは♪

メダカを室内飼育するときに、ぜひ揃えておきたい飼育グッズを3つ紹介します。

これがないと飼育は始まらない!

スポンサーリンク

カルキと重金属も無害化してくれる「メダカの水つくり」

wpid-wp-1431497190579.jpeg

水道水にはカルキ(塩素)や重金属が含まれています。この「テトラ メダカの水つくり」はカルキを速やかに中和し、重金属(銅・鉄・カドミウム)も無害化してくれます。

水道水をくみ置きして1日、あるいは数日置いておくという方法もあります。僕も一昨年まではそうしていました。しかしそれではカルキ抜きはできても、重金属は残ったままです。

そこまで気を使わず、くみ置きで十分なのかもしれません。でも気にしいなので、昨年からはこの「メダカの水つくり」で飼育水を作っています。

なにより、メダカに適した水が速効で作れるので、水温合わせさえできれば当日のうちに使えます。

メダカにやさしいネット

wpid-wp-1431497212610.jpeg

生体をすくうためのネットは水槽掃除や、引越し、リセットなどでメダカを他へ移動させる場合に、メダカを傷つけずにすくって移動させることができます。

僕はこれまで「おたま」ですくっていました。するとメダカは逃げる逃げる!追いかけまわしてやっと1匹。とても手こずっていましいた。

しかし、なんということでしょう!観賞魚専用のネットを使ってみると、するっと簡単にメダカがネットの中に。追いかけまわしてメダカにストレスを与えていた、これまでの十数年の苦労はなんだったのでしょうか。

wpid-wp-1431497218493.jpeg

この経験から、ぜひ専用のネットを使用することをおすすめします。値段も安価で販売されています。

Sサイズで全長約31cmあるので(僕が持っている画像のニッソー製品)30~40cm水槽ならSサイズで十分いけます。

100均のスポイト

アクアリウム専用のスポイトというのも販売されていますが、やっぱり100均のスポイトが安価で使い勝手も良い。

wpid-wp-1431497229663.jpeg
ダイソーで売られている、灯油の残り油を吸い取るためのジャンボスポイト!

虫かごのプラケースや小さい水槽ならこれで十分掃除ができます。今の産卵の季節なら稚魚用の小さな水槽(プラケースなど)にちょうど良いです。

細い部分の長さが約17.5cmなので、僕が最近立ち上げた30センチ水槽にはちょっと厳しいかも。30センチ水槽ではかつかついけます。

また、専用器具のジェックスのクリーナースポイトもおすすめします。

まとめ

ということで、「テトラ 水つくり」「ネット」「スポイト」と屋内飼育で必須ともいえる僕なりの三種の神器を紹介しました。100均のスポイト以外は、どれもホームセンターなどで見かけますよ。この3つは持っていると何かと便利です。

関連記事

こんにちは♪ 春から秋にかけてメダカの季節がやってきます。 水槽ではじめてのメダカ飼育をする方は「メダカになにかあったらどうしよう」...
こんにちは♪ 発泡スチロールを使って、ベランダでメダカの飼育をはじめました。 メダカは十数年飼育していますが、屋外飼育は初めての挑戦です。...
  • いいね (14)
  • 読んだよ (8)
スポンサーリンク
読んでくださりありがとうございます♪

ブログランキングに参加しています♪
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

友達とシェアする

フォローすると更新情報が届きます♪

この記事をお届けした
下町メダカ日のFacebookページを
いいねしてチェック!
スポンサーリンク