メダカが白いフン。ヒーターなしの低水温なのに餌をやりすぎたようです

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

こんにちは♪

我が家のメダカが白いフンをしました。消化不良のサインですね。

では何らかの病気なのでしょうか?ちょっと考察してみました。

冬の餌やりは慎重に(ヒーターなし)

見てください、メダカが白いフンをまさにしているところです。

メダカの白いフンは消化不良といわれています。その他にも内臓疾患が疑われるとか。

僕には思い当たるふしがあります。

10℃以下の低水温にもかかわらず、水面に浮上してきているものだから餌をやりました。しかも多くやり過ぎました。

このくらいの水温でもメダカはまだ冬眠していなくて、ときどき水面にも浮上してきています。

なので親ごころでつい餌やりをしてしまうのですが、その量がちょっと多すぎたようです。

水槽の下にも白いフンが。

消化不良になりやすいパターン

このように消化不良になりやすいパターンとしてはいくつかあるようです。

水が立ち上がっていない

水を新たにセットしたり、リセットした場合はまだバクテリアもうまく定着していません。

つまりまだきちんと立ち上がっていない状態。

この状態では水質も不安定なのでメダカさんの体調も崩れやすい環境といえます。少なめにするなど餌の量の調節が必要でしょう。

この立ち上げ時の消化不良(白いフン)は僕も何度か経験しています。

内臓疾患や衰弱

生まれつき内臓疾患を患っているメダカもいるようです。また途中から患うメダカもいるかもしれません。慢性のものもあったり一時的な場合もありそう。

これはいかんせん、どうにもできないのですが、元気に泳いでいる限りは心配し過ぎなくてもよいのかもしれません。

食べすぎ(与える量が適切でない)

今回の僕の事例がこれです。寒いのにやり過ぎました。

仮に暖かくてもやり過ぎると消化不良をきたします。人間でも食べ過ぎると不調になる場合がありますよね。

これはある程度飼い主がコントロールできることです。こと水温が低い時には少なめにやった方が良いです

ほとんど活動しない冬眠中はやらなくてもよいほどです。そもそも食べようとしません。メダカは何日か食べなくても平気です。

正常なフン

正常なフンはこのように黒く出ます。

立派なフンですね!

ついやってしまいがち

メダカが餌を催促してくるとついやってしまいがちです。

やるのは良いのですが、やり過ぎは禁物。そんなことを言っている僕が真っ先にやりすぎてしまっているのですが(汗)

特に冬場でヒーターを入れていないとか、屋外で飼育している場合は注意したいです。

春夏秋冬どの季節でも白いフンをしていたら、消化不良を疑って、餌の量を調節してみると良さそうです。

この記事はいかがでしたか?他の記事も見ていただけると嬉しいです♪
  • いいね (6)
  • 読んだよ (5)
スポンサーリンク

ブログ応援ボタン
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

フォローすると更新情報が届きます♪

この記事をお届けした
下町メダカ日のFacebookページを
いいねしてチェック!