松かさ病のメダカが治ったよ。治療に効果!完治までの道のり

メダカ 松かさ病メダカの病気の治療

こんにちは♪

メダカが松かさ病にかかってしまいました。

水質には気をつけていたつもりでしたが、悪化していたのでしょうか?

そこでグリーンFゴールド顆粒での治療をしました。

そのメダカが回復し、完治しました!

いかにして治っていったか、治療の経過をたどってみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メダカが松かさ病になってしまった!

病気を見つけたときはビックリしました。治るかなぁというのが正直な感想でした。

太っているのとは違う独特の膨らみ方をしていました。

発見時の様子

実家で飼育していたメダカ。ある日お腹周りがパンパンに!

wp-1474606071139.jpeg

ウロコは逆立っていてむくんでいる感じ。クロメダカなのに白っぽい。ただ太っているのとは違うのが一目瞭然でした。

松かさ病のいわれの通り、松ぼっくりのように鱗(うろこ)が逆立っています。太っているというより、むくんでいるように見えます。

松かさ病の原因

松かさ病の原因はウロコの付け根の鱗嚢(りんのう)というところに水が貯まることによって起こる病気で、エロモナス菌が主な原因です。

水質の悪化で発生しやすいとのこと。とりあえず飼育水の入れ換えが必要です。

松かさ病の症状のかは分かりませんが、尾びれと尻びれも白濁していました。

横から

wp-1474610091260.jpeg

松かさ病の治療法

治療法としては、魚病薬の観パラDやグリーンFゴールド顆粒の薬を使います。塩浴だけではおそらく治りません。

観パラD、あるいはグリーンFゴールド顆粒の薬浴に加え、0.5%の塩を併用すると効果を発揮しやすいとされています。

僕は観パラDは持っていないので、グリーンFゴールド顆粒で治療することにしました。

薬浴治療の開始

観パラDやグリーンFゴールドで治療可能なので、持っていたグリーンFゴールド顆粒での薬浴を開始しました。0.5%の塩も入れています。

開始は9月22日からです(右の水槽)。

img_1441

はじめは他のメダカ(尾ぐされ病のメダカ)と一緒に2匹で薬浴していましたが、水が2Lしか入らないプラケースなので、4日後の9月26日に松かさ病のメダカ1匹だけに変更しました。

2匹ずつ入れていると水質がすぐに悪化してしまい、せっかくの治療が無意味になる可能性があったからです。

4日後にはすでに改善

その入れ換えの際に薬浴の水も新しく全換えしました。その際に観察すると、すでにかなり良くなっていました。

上から見ても、むくみが見られません。

img_1469

痩せたのではありません。横から見ても普通の体型です。おまけに白く白濁していたヒレも透明になっていました。

img_1463

松かさ病完治へ

水が2Lと少ないので水質が悪化しないように気を使い、フンなどの処理は欠かさず行いました。餌も1日2回少量与えています。餌は残すこともありました。もちろん残り餌もきちんと取り除きました。

そして10月1日の様子です。薬浴開始から9日目です。

逆戻りして悪化することもなく、きれいな体型を維持しています。

img_1500

img_1502

img_1503

本当は水はグリーンFゴールド顆粒の色(黄色)をしています。撮影時に透明に写ってしまっています。

4日目にしてかなり改善してきていたこと、9日目も悪化せず良い状態であることなどから、完治したと判断しました

いきなり真水は負担がかかる恐れがあるので、徐々に塩浴のみに近づけていきます。そして塩浴を数日したら、今度は徐々に真水へと変えていくつもりです。

もしかしたら治らないかも、と思っていたので嬉しいです!

今回の松かさ病治療に効果を発揮したお薬。尾ぐされ病の治療にも使えます。

  • いいね (22)
  • 読んだよ (12)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
メダカの病気の治療
ゆき後輩をフォローする
プロフィール

趣味でメダカを飼育しています。日々メダカに癒されています。わけあって自宅警備員。

ゆき後輩をフォローする
スポンサーリンク

ブログランキングに参加しています♪
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

下町メダカ日和

コメント