メダカ水槽のソイル掃除用ホースを自作しました。

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

こんにちは♪

実家のメダカ水槽(40センチ水槽)の掃除のために、底砂(ソイル)掃除用のホースを自作しました。いわゆる「自作プロホース」というやつです。

これが実に良かったので報告します。今回は製作編です。

プロホースって?

そもそもプロホースって何?っていう人もいるかもしれません。

「水作」というメーカーが販売している、水槽お掃除道具のひとつです。水槽の砂利などを吸い込まず、フンやゴミを吸い取るという非常に便利なアイテムです。

しかし難点も指摘されています。底砂が重さのある砂利などなら良いのですが、ソイルだと軽くて吸い上げすぎてしまうことがあるそうです。排水ホース側でうまく吸い込み水量を調節できる人だと大丈夫だとか。

あと、60センチ未満の小さい水槽だと、フンとりに気をとられて、つい飼育水を吸い出しすぎてしまうかもしれません。

それにもかかわらず僕は道具好きなので、どうにか華麗なホースさばきで出来ないかと、購入を検討していました。でも、費用がかかることと、「自作プロホース」なるものの実力を試したかったので、自作することにしました。

自作に必要なもの

ネットを見て回ると灯油ポンプを使ったものなど、色々なタイプのもので自作されています。

今回は水槽が小さいこと、水槽に軽いソイルを使用していることから、植物活力剤のアンプルを使った方法で作成しました。

・「植物活力剤」の空容器(アンプル)
・アンプルの先端に合うホース(2m程度)

この2つが必要です。

wpid-wp-1430490305758.jpeg

「活力剤」は植物の根元に刺して栄養分を与える、緑の液体のあれです。ホームセンターなどで10本入り100円程度で売ってあります。

僕は実家の花壇で使い切ったのをもらいました。刺して2週間ほどでなくなります。早とちりな人は1本犠牲にして中身を捨ててしまっても良いでしょう。

ホース(チューブ)はホームセンターの切り売りで、内径6mmの物を購入しました。これも安価で、10センチ7円(2mで140円)程で入手できました。

いよいよ作製!

作製はとても簡単です。

1.まず、アンプルの底をカッターで切り取ます。

wpid-wp-1430490313720.jpeg

2.ホース(チューブ)をアンプルの先端に差し込みます。

wpid-wp-1430490320926.jpeg

以上!

注意事項としては、水槽にいれるものですから、アンプルの内側は水でよくすすいでおいてください。

出来上がりがこちら。

wpid-wp-1430490325639.jpeg

本家プロホースとは似ても似つかない代物です。見た目もちと頼りない。しかしこれが意外な実力を発揮してくれました。次回は実際に使用した状況をレポートします。

それではまた♪

関連
自作ホースでメダカ水槽ソイルを掃除、驚きの能力。

この記事はいかがでしたか?他の記事も見ていただけると嬉しいです♪
  • いいね (10)
  • 読んだよ (4)
スポンサーリンク

ブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

フォローすると更新情報が届きます♪

この記事をお届けした
下町メダカ日のFacebookページを
いいねしてチェック!