メダカ水槽の立ち上げをしたよ2017年春号

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

こんにちは♪

ブクブク(投げ込み式フィルター)とニゴリ除去タブレットでの濁り解消をめざしていましたが、1週間経っても水槽の濁りが治まりませんでした。

改善しなかった原因はブクブクを24時間稼働せず、1日に6時間しか稼働させていなかったためだと思います。

3月という季節的にまだ涼しい気温ですが、どうせもう少しで立ち上げをするのだからと、早めの春の立ち上げをすることにしました。

グリーンウォータ化していたメダカ水槽

水槽を洗浄

いま使っている水槽で立ち上げするには、メダカの移動や掃除をしなくてはいけませんよね。面倒ですが(汗)

水槽からメダカを移動

メダカには水槽からプラケースに移動してもらいました。

3匹しかいないのでスムーズにできました。水はもちろん使用していた飼育水のままです。

今回は洗わない一部の飾り(リング、浄化スティック)もプラケースに一緒に入れました。

浮いているのは水草です。

ソイルの取り出し

水槽から水を抜き、ソイルを出します。

ソイルは三角コーナーにストッキング状の排水口用のネットをかけて水切りしました。

僕はドラッグストアで買いましたが、100均のダイソーにも同様の商品があります。

水槽を洗う

水槽の洗浄には「激落ちくん」のようなメラミンスポンジが便利です。

激落ちくんは高いので、ダイソーのメラミンスポンジを使いました。

これでキュッキュと丁寧に、そして丹念にこすり洗いしました。

そこで問題勃発!

シンクに水槽の角をぶつけてしまい、欠けてしまいました!

しかも指も少し切れた(泣)

さてどうしよう。

よく見ると欠けた部分がまだシリコンでつながっていて、水漏れもしなさそうでした。

なのでダメもとでアロンアルファ(瞬間接着剤)で補修してみました。

通常の水槽はふちや底はプラスチックなので、こういうことは起こらないと思います。しかしこの水槽はオールガラス水槽なので、ちょっとの衝撃で割れやすいです。

取扱いに注意が必要ですね。

そんなこんなで水槽の洗浄は終わりました。

飾り物などを洗う

土管と岩の置物にはコケなどが付着していたので、歯ブラシでこすり洗いしました。

水槽のセッティング

使用した底砂とセット法については、前回ご報告したとおりです。そちらをお読みいただければと思います。

チャームから底砂が届いたよ。「湧水の砂」はこんな砂でした。

飾りと水草植え

底砂を敷いたあと、カルキ抜きした水を入れ、土管やプラケースに移動させていたスティックなどを配置し、水草をピンセットで植え付けました。

この水草はスクリューバリスネリア(ネジレモ)なのですが、コケと水温の影響で長い葉は枯れてしまい、新芽のみになりました。

その新芽にも茶コケが付いていたので、指で丁寧に洗い流しました。

無事に根付いてくれれば良いのですが。

バクテリアを入れてみた

今回ははじめてバクテリアを添加してみました。

ジェックスの「サイクル」というものです。

本来はフィルターを使用している環境が最適なのですが、「エアレーションをした水槽でお使い頂くと効果的です」と書かれてあり、止水では絶対ダメ!ではなさそうなので試しに。

ジョウロに適量を入れて水槽にジャーっと投入してみました。

水かえのたびに入れると良いそうです。

立ち上げた水槽にメダカの移動

立ち上げた水槽は一晩置いてなじませ、翌日にメダカを水合わせして移動させました。

待機中のメダカ

水合わせ後にGO!

キレイになりました!

水草がまだ短くて殺風景ですが、調子よく成長してくれれば良い感じになりそうです。

まとめ

今春は印象を変えてソイルではなく砂を使用してみました。

またバクテリアも初投入。

初めてがふたつありましたが今のところメダカも元気ですし、問題はなさそうです。

そろそろ産卵の季節ですね。楽しみです。

この記事はいかがでしたか?他の記事も見ていただけると嬉しいです♪
  • いいね (5)
  • 読んだよ (5)

ブログ応援ボタン
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

フォローすると更新情報が届きます♪