第8回、根管治療に本当の新展開!もうひとつの穴が発見される。EP08

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

こんにちは♪

2015年6月26日に根管治療を開始してだいぶ経ちました。まだ終わらないのかと思っていると、8月17日の診察で重要な新発見が!

前回のエピソードはこちら

歯EP8

もうひとつ穴がありました

治療をしながら先生が。

「分かりましたよ!今まで膿が出ていて分からなかったのですが、もうひとつ小さな穴がありました」

要するに、根管がもうひとつあったということみたいです。当然これも掃除しないと、また菌が繁殖して痛い目にあわないといけません。

今回したことは、また同じく細長い注射器のようなものでチュルチュル。この歯根嚢胞の治療シリーズを読んでくださっている方には「またか」ですよね(^^;

新たに穴が見つかったことで、治療が9月にもずれ込むことは間違いないでしょう。

でも今回見つかって良かったです。見つからずにそのまま差し歯をまたつけて、菌が増殖、化膿するという結末は、ブログのネタにはなりますが、また治療というのは避けたいです。

今回は薬ではなく、カルシウムを詰めてフタを閉じました。

はてさて、いつまで前歯の歯抜け状態は続くでしょうか~。

※歯痛には歯根嚢胞だけではなく、様々な原因があります。神経があっても、何らかの原因で神経が死んでしまって炎症を起こして痛むなどもあるそうです。したがって、正確な診断はまず歯科医院できちんと診てもらってください。

治療記エピソード09へつづく・・・

この記事はいかがでしたか?他の記事も見ていただけると嬉しいです♪
  • 読んだよ (10)
  • いいね (9)
スポンサーリンク

ブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

フォローすると更新情報が届きます♪

この記事をお届けした
下町メダカ日のFacebookページを
いいねしてチェック!