メダカが尾ぐされ病に!薬浴での治療報告(治癒・完治編)

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

こんにちは♪

先月5月に尾ぐされ病の治療をはじめて1カ月。ついに完治しました!

今回は最終回、治癒・完治編です。

前回のお話はこちら
メダカが尾ぐされ病に!薬浴での治療報告(回復期編その2)

尾ぐされが完全に消滅

前回はまだ尾ヒレに不安な部分があったので、もう1週間グリーンFゴールド顆粒での薬浴をしました。

そして5月9日に観察の結果、すべて完治したと判断しました。

IMG_0953

IMG_0955

ご覧のとおり、症状がいちばん酷かった尻びれも、キレイに透きとおり、治っています。尾ヒレもキレイです。

最も悪かった頃↓
IMG_0817

比べれば一目瞭然ですね。尻びれはヒレ先から、尾ヒレは付け根の部分から白くなっていました。

グリーンFゴールド顆粒での治療は初めてでした。1週間経っても良くならず、本当に治るのか不安でしたが、根気よく治療を続けてよかったです。

飼育水槽へ移動

治療が終わったので、薬浴水槽(トリートメント水槽)から、飼育水槽へ移動させました。

薬浴水槽には塩0.5%も入れていました。飼育水槽はまったく塩が入っておらず、環境が全く違うので、1時間以上かけて慎重に水合わせをしました。

IMG_0957

右が袋で水合わせ中の治療したメダカです。

左のメダカは様子を見に来たようです。

「治療終わったのかい?」
「うん、そうみたい」
「早くこっちにおいでよ」
「なんか急に入ったらまずいみたいなの」
「そうなんだね、待ってるよ!」
「ありがとう!」

という会話をしたかは不明ですが、無事水槽へ移動できました(上のメダカ)

IMG_0958

治療を終えて

無事治癒してひと安心です。

薬は劇的に早く効くものだと想像していましたが、思いのほか時間がかかりました。もちろん細菌の感染具合やメダカによって、治癒の早さに違いはあるでしょう。今回の僕の場合は1カ月を要しました。

治療自体はそんなに難しいことはしていません。

薬はこちらのグリーンFゴールド顆粒を使用しました。

そして

・規定量の薬を投入
・塩0.5%を投入
・ときどきエアレーションをした
・餌は少なめだけどきちんと与えた
・水質汚染を防ぐために、残り餌とフンの掃除はきちんちした

というくらいです。

ともあれ失敗編を含め、5回にわたって尾ぐされ病の治療の報告をしてきました。病気にはかかってほしくないですが、良い勉強になりました。

この記事はいかがでしたか?他の記事も見ていただけると嬉しいです♪
  • 読んだよ (5)
  • いいね (3)
スポンサーリンク

ブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

フォローすると更新情報が届きます♪

この記事をお届けした
下町メダカ日のFacebookページを
いいねしてチェック!