緊急追記あり【メダカだより】2017年7月22日号 メダカの急死といまある命

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

こんにちは♪

今月のはじめから暑かったですが、皆さん体調はよろしいでしょうか?

子供たちは夏休みに入ったようですね。僕は小学生のころに外で無心で飛行機模型を作ったり、家の手伝い(網戸の取り付け)したときに頭がガンガンして寝込んだ記憶があります。

あれはきっと熱中症だったに違いありません。当時は日射病という言い方が一般的だったかな。

熱中症にならないためにも水分補給はこまめにしてくださいね!

それでは今号のメダカだよりはじまりです。

メダカ突然の急死

30センチ水槽で飼育していたオスのメダカが死亡しました。

昨年ホームセンターからお迎えしたメダカでした。買ったときから尾ぐされ病で、治ったかと思ったら、しばらくして松かさ病に。

メダカが松かさ病に!治療開始しました。原因と治療方法は?

松かさ病のメダカが治ったよ。治療に効果!完治までの道のり

いろんな試練を乗り越えたメダカでしたが、7月19日の朝に死んでいるのを見つけました。

原因は不明です。連日の暑さのせいでしょうか?しかし残りの2匹のメダカはピンピンです。

心臓発作とか内臓、脳疾患かもしれないですが、死因は謎です。

あるいは単に寿命。基本的には寿命が1~2年だそうなので。

冥福を祈りつつ、実家の庭に埋葬しました。

ピンピンのやつら

暑さに負けず、縦になって底をつついたり、泳ぎ回っています。

ちょうどオスとメスの組み合わせだからか、仲むつまじいです。

後ろに写っているオブジェがコケだらけですが、あえて放置しています。特に意味はありません。

稚魚もピンピン

稚魚たちも元気です。広い容器になったことで、より過ごしやすくなったことと思います。

メダカの稚魚をダイソーの大きめの容器に移住させました

少しずつですが、大きくなってきています。

稚魚はちょこちょこ動くので、撮影がむずかしい。

まとめ

今のところは問題は発生していません。

ただ、メダカは適温の最高が28℃くらいだそうです。でも成魚も稚魚も水温32℃でも元気です(そう見えるだけ?)。

とはいっても気をつけねばならない水温です。自然界で水温32℃とかあるのだろうか?

気温、水温とメダカたちの様子をよく観察して見守りつつ、飼育をつづけます。

【緊急追記】2017/7/23

稚魚ですが、今朝は元気にみえました。しかしお昼前に30℃を超えた頃から数匹の稚魚に異変が現れました。

その子たちは底でじっとしています。すでに3匹死んでしまいました。

すぐにクーラーをつけて水温下げを試みています。

昨日の高温で体調を崩した可能性があります。やはり30℃を超えると稚魚には大きな負担になるのでしょうか?

【追記2】2017/7/24

今朝すべての稚魚が死んでいました。死因を調べた結果、アンモニア中毒の可能性が強いです。

これについてはまた後日、記事にしてご報告いたします。

この記事はいかがでしたか?他の記事も見ていただけると嬉しいです♪
  • 読んだよ (7)
  • いいね (3)

ブログ応援ボタン
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

フォローすると更新情報が届きます♪