【メダカだより】2017年5月24日号 稚魚増殖と、きれいな飼育水

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

こんにちは♪

皆さんメダカといかにお過ごしでしょうか?

我が家は少しにぎやかになってきました。

メダカの稚魚が殖えた

前回の記事でメダカがようやく孵化したとご報告しました。

待望のメダカの稚魚が孵化しました!そろそろ餌やり

孵化したのが5月15日で、記事は18日。次がなかなか孵化しないな~と思っていました。

すると20日の朝はまだ1匹だったのが、夕方に帰宅すると7匹殖えていました!

そして今日(24日)改めて数えてみると、合計10匹になっていました。

ほとんどの稚魚が孵化して数日たっているので、餌をやっています。ツンツンと餌をつついている姿が可愛いです。

まだ卵は10個くらいあるので、今の倍の数になる予定です。

飼育水はきれいに

親メダカの飼育水がグリーンウォーター化していたので、水を静かに注ぐという方法を試しています。

水槽の水換えや足し水のときも静かに注ぐやり方で濁りを防ぐ!

これは大成功で、飼育水が全く濁らなくなりました。

以前はこうだったのが

2週間でこのようにキレイに

メダカも嬉しそうです。

まとめ

稚魚が殖えるのは嬉しいですが、致死率をいかに抑えるかが課題です。

稚魚はこれ以上殖えると、数を数えるのが困難です。

マツモは茶色くなってきた根元の部分を切るなど、適時トリミングをしています。

この記事はいかがでしたか?他の記事も見ていただけると嬉しいです♪
  • いいね (6)
  • 読んだよ (6)

ブログ応援ボタン
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

フォローすると更新情報が届きます♪