メダカの飼育に何でも役に立つペットボトル活用法。

友達とシェアする

こんにちは♪

メダカを飼育していて重宝するのが実はペットボトルです。飲んだペットボトルを再利用するので、経済的です。

僕がいつもどのように利用しているか紹介します。

スポンサーリンク

ペットボトル活用法

稚魚水槽(プラケース)の掃除のときに

500mlのペットボトルを切ったものを使います。

wpid-wp-1435650675856.jpeg

左手にペット、右手にスポイトを持ち、餌の食べ残しや、石巻貝のフンを吸い取ったものをペットに一時的に捨てます。

水足し用

僕のメダカの飼育水環境は下の図のようなサイクルになっています。

wpid-wp-1435652262568.jpeg

稚魚水槽(プラケース)掃除で減った飼育水を、エビ水槽(30cm水槽)から足します。その減った飼育水分を、カルキ抜きして作り置きしている500mlのペットボトルから継ぎ足します。

塩浴水を作る用

メダカが病気になったとき、塩浴する場合があります。

2L用ペットボトルの場合、1L、2Lとあらかじめ目盛りをつけておけば、1Lにつき小さじ1杯の塩を溶かすと塩浴用の水が簡単に作れます(要カルキ抜き)。

弱ったり病気の個体の隔離用

弱った個体はいじめられたりしないよう、また病気の個体は他へ感染しないように隔離します。これは水量の問題で主に稚魚用ですが、2Lのペットボトルを輪切りにしたもので十分です。塩浴にも使えます。

番外編

稚魚飼育用の水槽として

2Lのペットボトルをキャップが閉まるようにタテに2つに切ると、水槽代わりになります。適切に管理していれば、空気に触れる面も広く酸欠にはならないでしょう。

wpid-wp-1435650723299.jpeg

これは凹凸の多いもので仮に作ったのでキラキラしています。飼育する場合は、できれば凹凸の少ないものの方が望ましいと思います。

注意点

ソフトドリンクのではなく、できれば水のペットボトルが良いです。少しでも生体に悪影響を与えないためです。コーヒーのも避けた方が無難です。

水槽と同じように、洗剤で洗うのはNGです。水道水できれいにゆすいで使います。

まとめ

どうでしょうか?けっこう使い道がありますよね。

頻繁に使うのは掃除と水足しのときですが、大小2本ずつストックしておけば何かのときに使えますよ。

6月に出版されたばかりの本です。まだ買っていませんが気になります買いました▼

書評はこちら⇒読んでみました。新刊「プロが教えるメダカの飼い方」その感想。

  • いいね (10)
  • 読んだよ (4)
スポンサーリンク
読んでくださりありがとうございます♪

友達とシェアする

フォローすると更新情報が届きます♪

応援ボタン
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

この記事をお届けした
下町メダカ日のFacebookページを
いいねしてチェック!
スポンサーリンク