メダカの尾ぐされ再発!メチレンブルー+塩での治療経過報告

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

こんにちは♪

前回は
・完治したはずのメダカ2匹の尾ぐされが再発
・メチレンブルー&塩での治療開始
を報告しました。
メダカの尾ぐされ病が再発!今度はメチレンブルーでの治療をしています

今回はその続編、経過報告です。

1匹は死にました

突然の訃報ですが、6月30日にやせ細っていたメダカが死亡しました。

メチレンブルーで改善がいまだに見られないので、グリーンFゴールド顆粒に変更しようと思っていた矢先でした。

29日夜はかろうじて泳いでいました。しかし翌朝、水槽の下で亡くなっていました。

こちらは最後の写真です。

IMG_1069

公開するのも可哀想かと思いましたが、病気治療の参考になればと思い載せました。

状態は、立ち泳ぎのようになり、尻びれ、背びれを閉じてうねうねと体を揺らしながら泳いでいました。浮いた餌をうまく食べられなかったので、お腹はぺちゃんこで、やせ細っています。

この状態はヒレを閉じていることから、尾ぐされというより、ハリ病(尾ぐされ病と同じカラムナリス菌による病気らしい)に近いように思われます。尾びれも細くなっていましたし。

意見の分かれるところでしょうが、直接の死因は餓死ではないかと思います。病気になる前はそれなりに食事もしていましたし。間接的にはカラムナリス菌による病気は、死んだ一因ではあると思っています。

享年、約1歳でした。

冥福を祈ります。庭にて埋葬しました。

治療のいま

ブログのFacebookページでは、メチレンブルーを止めてグリーンFゴールド顆粒に切り替えると書きましたが、重篤な1匹がいなくなったので、もう少しメチレンブルーで様子をみることにしました。

IMG_1082

問題のメダカはこんな感じです。水が透明なのは、メチレンブルーからグリーンFゴールド顆粒へ移行しようとしていたために、一時塩浴だけにしていたからです。

IMG_1081

なんか尾びれが細くなってきてませんか?

右に写っているメダカの尾びれと比べてみてください。正常なのは扇形です。

もしかしてハリ病?

なんとも判断がつきませんが、ハリ病も尾ぐされ病も「カラムナリス菌」による病気(らしい)なので治療法は同じです。

今は4~5日おきにやり替えています。7月4日に3回目の交換をしました。

先日購入した「メダカ飼いたい新書」に尾ぐされ病は『塩分濃度は0.5~1.0%に徐々に上げることが的確な治療法となるでしょう』と書かれていたので、現在は1.0%まで上げています。

状態は尾びれの下部分がまだ欠けていて、あまり変わっていません(写真わかりづらい…)。

IMG_1086

かといって悪化もしていません。元気はすこぶる良いです!

このまま様子を見ていきます。

治れ~!

関連 その後病状が悪化しました
尾ぐされ病にメチレンブルーは効果なし。グリーンFゴールド顆粒に変更も嫌な予感しかしない

この記事はいかがでしたか?他の記事も見ていただけると嬉しいです♪
  • いいね (4)
  • 読んだよ (4)

ブログ応援ボタン
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

フォローすると更新情報が届きます♪