メダカ水槽立ち上げ(リセット)2016年春。エビも混泳させたよ♪

友達とシェアする

こんにちは♪

待ちに待った春です。まだ寒の戻りで寒い日がありますね。徐々に暖かくなることに期待しましょう。

ということで、ちょっと涼しいですが、メダカ水槽のリセット&ヤマトヌマエビとメダカの混泳を敢行いたしました。

準備はしていましたので!

こんにちは♪ 先日、立春を迎え、春になりました。とはいえまだまだ寒いですね。 そうは言っても、そうこうしているうちに暖かくなって...
こんにちは♪ 先日もちらっとお伝えしましたが、メダカ水槽のリセット時に流木をセッティングしようと、流木を購入しました。 問題はア...
スポンサーリンク

まずはメダカの移動

水槽リセットして掃除をするには、メダカと石巻貝を移動させないといけません。今回は隣にあるヤマトヌマエビのプラケースに移動してもらいました。

IMG_0622

プラケースには石巻貝を投入していなかったので、コケが生え放題でした。この引っ越しで石巻貝も入ったので、図らずも少しだけきれいになったという…。

IMG_0621

相変わらずエビちゃんは昼間には出てきません。

水槽を掃除

IMG_0624

いきなりきれいになった画像です(笑)

水槽の砂利をすくったりできるスコップでソイルをかき出し、ガラス面の汚れはキッチンペーパーで擦り取りました。

こんなやつ
IMG_0673

スコップに柄があると、小さい水槽では邪魔になりますが、このミニタイプは柄がないので、小さめの水槽にちょうど良いです。

かき出したソイルや砂利は、三角コーナーや排水口用のネットで水切りすると良いですよ。

一晩置きます

ソイルを底に敷いて水張り。ソイルはジェックスのメダカソイルを使用しました。吸着性ソイルです。この30cm水槽で2kgの使用です。

IMG_0642

凸凹しているのはご愛敬。

ちなみにソイルの場合はビニール等を敷いてから水を入れないと、僕が昨年(2015年)失敗したように、かなり濁ってしまうので注意です!

失敗例↓
wpid-20150331_105312.jpg

吸着性ソイルは、栄養系ソイルよりは有害なアンモニアの溶出が少ないそうです。なので短期間の立ち上げ作業でメダカを投入できます。このまま一晩置いて水を捨て、もう一度水を張り直します。そして土管などをレイアウトします。

いざ、メダカ&ヤマトヌマエビ投入!

張り終えた水の水温が安定するまで置いておき、良さそうだったらいよいよお引っ越しです。

IMG_0645

画像ではすでに泳いでいますが、きちんと水合わせはしています(重要!)。

水合わせは石巻貝、メダカ、エビ、全ての生物で必要です。これを怠ると環境変化によるショック症状で死んでしまうことがあります。水合わせ大切

IMG_0647

今回は流木もセッティングしてみました。どうですか?(配置のセンスはともかく)

本当はヤマトちゃんのためにも、流木にウィローモスを活着させたかったのですが、諸事情により今はしていません。緑がないのは寂しいですけどね~。

IMG_0648

ヤマトちゃんは流木が気に入っているようです。かつて恐れていた「ヤマトヌマエビがメダカを襲うのでは」というような事件は起こっていませんし、気配もありません。うちのヤマトちゃん自体がそんなに大きな個体ではないですしね。

春リセットのススメ

春は水槽の立ち上げ・リセットの季節。暖かい日には、一年間溜まった汚れをきれいさっぱり落としてみませんか?

水槽立ち上げの詳細はこちらの記事をどうぞ↓

こんにちは♪ 先日届いたオールガラス水槽で、さっそく水槽の立ち上げをしました。今回はまだメダカがいないので、プラケースで飼育している2...
  • いいね (3)
  • 読んだよ (2)
スポンサーリンク
読んでくださりありがとうございます♪

友達とシェアする

フォローすると更新情報が届きます♪

応援ボタン
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

この記事をお届けした
下町メダカ日のFacebookページを
いいねしてチェック!
スポンサーリンク