【悲報】ヤマトヌマエビ急死!飼育期間は1年7カ月。10日前に謎の行動も

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

こんにちは。

2014年12月にマツモの白化対策で飼育をはじめたヤマトヌマエビが、先日7月16日に逝去しました。

関連 飼育し始めたころ
水草白化の対策をしてみました!(旧ブログ)

白化対策に役立ったかといえば、はじめはそれなりの効果はありましたが、やはりまた白化しはじめたので、上記関連記事の補足のようにエビが功を奏したのかは未だ不明です。

死因不明です

そんなヤマトちゃんですが、1匹は2015年の10月10日に、謎の急死で亡くしました

今回も謎です。寿命ということも考えられますが、それにしては急すぎです。

実はメダカ水槽のカラムナリス菌滅菌計画のため、7月12日に水槽から金魚鉢へ移動させていました。もしかしたら水質やストレスという可能性も?餌はきちんと食べていました。

水合わせ中のとき(最後の写真)
wp-1468727601761.jpeg

隠れ家の土管も新調していました
wp-1468727613676.jpeg

元気に見えていたのですが、移動の4日後(7月16日)の朝、金魚鉢を確認したら白くなって死んでいました。

関係あるかわかりませんが、移動する10日前(7月6日)に謎の行動をしていました。体をまん丸にしてしっぽをツマツマしたり、毛づくろいみたいなことをしていました。

これって普通でもするんでしょうか?僕は初めてみたのでビックリしました。もしや脱皮の前兆か?とも思いカメラを回しましたが、そうではありませんでした。

この動画がヤマトちゃん最後の動画です。

遺体は庭に埋葬しました。

短い間だったけど、ヤマトちゃんありがとう!

この記事はいかがでしたか?他の記事も見ていただけると嬉しいです♪
  • 読んだよ (4)
  • いいね (2)
スポンサーリンク

ブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

フォローすると更新情報が届きます♪

この記事をお届けした
下町メダカ日のFacebookページを
いいねしてチェック!