ヒールロックって知ってますか?靴ひもの通し方で履き心地がこんなにも違う!

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

こんにちは♪

ヒールロックって知っていますか?これを活用することでスニーカーの履き心地が格段にアップするんです!

先日の林修先生の「初耳学」でスニーカーのあの部分の謎解きがありました。

ここです。

wpid-wp-1437551363022.jpeg

スニーカーの靴ひもを通す穴の最上部の2つの穴。この穴を「ヒールロック」というそうで、これを活用している人はそういないのではないでしょうか。僕も知りませんでした。

ヒールロックの靴ひもの通し方

とりあえず、ヒールロック部分の靴ひもの通し方を紹介します。説明上、写真では履いていませんが、実際は靴を履いた状態でやってください。

1.まず上の穴に紐を通し、下の穴に輪っかを作るように通します。反対側も同様にします。

wpid-wp-1437544171933.jpeg

すると下のようになります。

wpid-wp-1437544179271.jpeg

wpid-wp-1437544183976.jpeg

2.この輪っかに交差した紐をそれぞれ通します。

wpid-wp-1437544194147.jpeg

3.そして紐の両側をグーッと引っ張ります。すると輪っかが締ります。

wpid-wp-1437544198609.jpeg

この後はいつも通りにちょうちょ結びをして完成です!

動画も撮影してみました。

ホールド感が増して履き心地が抜群に

これまでは歩くと少しかかとが浮く感じだったのですが、ヒールロックの名の通りまったくと言ってよいほど浮きません。かかとがほぼロック状態になります。

足が靴に包まれているようで、まるで一体化したようです。

ただ、動画を観ていただいた方はお気づきのように、靴ひもは長めでないと、ちょうちょ結びがめっちゃ小さくなります。

ヒールロックのあるランニングシューズ、スニーカーを持っている方は、試してみてはどうでしょうか?

【追記】
この通し方、もともとはアシックスが1980年に実用新案として登録申請したそうです(すでに権利は期間終了)。

アシックスの説明では「2段ハトメのシューレーシング」といっています。長くて分かりづらいですね(^^;

シューレースは靴ひものことで、シューレーシングとは紐の通し方のことみたいです。

上部の2個のシューレース穴は、よりタイトなフィット感と高いひもじめ効果を希望される場合にご使用いただきますが、通常のランニングの場合はお客様のお好みでご使用ください。

asics公式サイトFAQより

圧迫感を感じる人はしない方がよいかもです。僕は若干浮き気味なので、しばらくこのやり方でいこうと思います♪

調べたらこんな本がありました。60通りの靴ひものやり方が載っているみたいです。興味のある方はどうぞ。

この記事の靴が気になった方はこちらを▼

こんにちは♪先日、ABCマート限定のスニーカー「ニューバランス ML574 ペイズリー」を購入しました。かっこよさと可愛さを兼ね備え...

【PR】靴の総合通販:ABC-MART.net

この記事はいかがでしたか?他の記事も見ていただけると嬉しいです♪
  • いいね (6)
  • 読んだよ (1)
スポンサーリンク

ブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

フォローすると更新情報が届きます♪

この記事をお届けした
下町メダカ日のFacebookページを
いいねしてチェック!