[温活]男だって冷える!これまでしてきた寒さ・冷え対策あれこれ。

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

こんにちは♪

11月を過ぎると気温がグッと低くなってきます。シモヤケの季節到来ですよ。

冷え性といえば女性のものだと思われがちですが、男性だって冷え性になります。実際、僕がそうで、小学生時代からシモヤケができなかった年はありません。

小学生の遊びの代表、雪合戦なんて、地獄以外の何物でもありません。

室内でも手足の指は冷えて、グーにした手を広げてもすぐにピンク色にはならず、しばらく白いままです。明らかに血流がとどこおっています。足の指は紫色になっていることもあります。

冷えた手足はカイロで温めてしまえ!?

%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%83%ad

外出先で手が冷えたときに使うといえば使い捨てカイロ(ハンドウォーマー)。
しかし冷え性にはそんなものは数分間の一時しのぎにしかなりません!1分もすれば、カイロじたいが手のつめたさで冷えてしまって使い物になりません。

ただ無いよりはましです。

手袋もそうです。指があたたかいときに装着すれば、幾分かはましですが、時間がたてば自身の手からの発熱がないので冷めてきます。

靴に入れるタイプのカイロもありますが、これは使ったことがないので何とも言えません。使ったことがない理由は、費用がかさむからです。

ただ使ったことのある人の話によれば、けっこう良いようです。

足湯は天国、だがしかし

%e8%b6%b3%e6%b9%af

足湯は天国です。同時に手も浸けると手も温まってよいです。

しかしこれも一時しのぎなんですね。足湯を終えてすぐ靴下で保温すればいくらかはあたたかさが持続します。でも1時間ももちません。

足湯もしないよりはましです。ひとときですが、天国を味わえます。

そういえば、足の冷えない靴下というものがありますが、だめでした。そもそも冷たい足なので、履いたら暖かくなるということはありませんでした。

お風呂は絶対つかるべき

冷え性の人で、冬にシャワーだけという方はまずいないでしょう。つからないと大変なことになります。お風呂もまた天国なのです。ただのぼせないように注意が必要です。

僕の場合、つかりながら足の指をマッサージすると、シモヤケになりにくくなりました(すでにシモヤケができている場合は、強くマッサージしない方が良いそうです)。

そしてお風呂から上がったらまず保温!これ鉄則です。暖かい下着、上着で保温です。

なるべく30~1時間以内にお布団に入った方が賢明です。

コタツと電気ストーブ

%e3%81%93%e3%81%9f%e3%81%a4

コタツは昔からある素敵な暖房器具です。

足もあったまるし、手もぬくもる。手足が暖かいというだけで寒さもやわらぎます。ただし背中は寒い。

そんな時はコタツムリ。潜ってしまいましょう。子供の頃にそのまま寝てしまって怒られた方もいるのでは?

エアコンも暖かくなりますが、どうしても冷たい空気が下によどむのでひんやり感があります。そこがマイナス点ですね。

一時期、扇風機型のハロゲンヒーターが爆発的に流行りました。あれはそうでもなかったですね。やはり電気ストーブなら縦型のストーブが熱気が体全体にあたるのであったかいです。

そして背中を温めると体が温まりまやすいです。なので貼るカイロを背中、特に首下の肩甲骨あたりに貼ると寒さを感じにくいです。

電気敷き毛布

昨年からこれは必需品になりました。これまでは「そんな文明の力に頼らない!」などと意固地な考えで使っていませんでした。とかいいながらそれまでは布団乾燥機であたためていました。

ところがどっこい、使ってみるとこれが心地よい!

寝る30~1時間前にスイッチを入れておけば、布団の中はぬくぬくに。布団に入ってからは、温度には気をつけて低温やけどにならないよう注意が必要。

男は黙ってズボン下!

下半身の暖かい下着といえばズボン下あるいはタイツです。オジン臭いと言っている場合ではありません。冷えはまず足元が大事です。

ゴワ付かないように冬用の薄手のタイツも出ていますが、やはり厚手が良いです。なぜならそれなりの厚みもあり、外気に触れにくいからです。

化学繊維に敏感な方は、肌になじみやすいグンゼの綿100%のものがおすすめです。
グンゼのズボン下(綿100%)

薄いタイツ風もありますよね。しかしそれだと風が吹くとズボンを通過した冷えた空気が、タイツも透過して結局寒いです。タイツを選ぶなら厚手のものが良いです。グンゼでもYGシリーズならそんなにオジン臭くないです。
(グンゼ)GUNZE YG ダブルホットシリーズ/ タイツ(前あき) YV0201N 63 ダークブルー M

GUのインナー「GU WARM EXTRA」がおすすめ

僕は上半身はGU(ジーユー)のインナーを愛用しています。

高いお金を出せばモンベルのインナーが人気のようです。しかし普段使いにするには庶民にはなかなかお高いです。
モンベルのインナー

そこで僕はGUの「GU WARM EXTRA」を昨年から使っています。通常の「GU WARM」より厚手になっていて、安いわりに比較的あたたかいです。

有名なヒートテック(ユニクロ)の厚手でもよいのですが値もはりますし、昨年「GU WARM EXTRA」を使ってみたところ、なかなかよかったので愛用品になりました。価格も安いですし。

GU(ジーユー)オンラインストア

まとめ

あったか下着など、結局は対症療法でしかありません。

根本的に冷え性を改善するにはストレスを軽減させたり、自律神経、体質改善などが必要なのかも。

それでも対症療法は大切です。とにかく冷えたままでは生活がつらいです。利用できるものは取り入れて、冷えを乗り越えていきましょう!

この記事はいかがでしたか?他の記事も見ていただけると嬉しいです♪
  • 読んだよ (2)
  • いいね (1)
スポンサーリンク

ブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

フォローすると更新情報が届きます♪

この記事をお届けした
下町メダカ日のFacebookページを
いいねしてチェック!