キヤノンのコンデジ(パワーショット)大活躍。写真撮影が楽しいです。

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

こんにちは♪

先日は「中秋の名月」(2015/9/27)に「スーパームーン」(2015/9/28)と、月にまつわる話題が盛り上がりましたね!

実は春に新しいキヤノンのカメラ(「Canon PowerShot(パワーショット) SX710 HS」(型番:PSSX710HS))を買ったんです。

せっかくの機会なので、そんなお月さまを撮影してみました。

満月を撮影してみた

※2015年9月29日早朝に撮影

IMG_0122
(撮影設定:AUTO)

どうですか?けっこう綺麗に撮れました。これ、コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)でオートで撮影したんですよ(デジタルズーム120倍)。撮影時のままでトリミングなしの状態です。

ただ、なんとなくイマイチ感があるのは気のせいでしょうか?黄色っぽいし(好き嫌いがあると思います)。

そこでマニュアルモードで条件を設定し(ISO感度のみ)、撮影するとこんな感じで撮れました。

※2015年9月29日夜に撮影(光学30倍をトリミング)

IMG_0159 月30-トリミング
(撮影時の値: ISO400)

さすがに一眼レフには負けますが、そこそこ綺麗に撮れました♪

右下のいちばん明るく白い部分が白飛びっぽいので、次回は調整が必要かもしれません。この時の撮影は、カメラの知識があまりないので、デフォルトのF値(絞り)とシャッタースピードでISO感度だけいじった状態です。

このカメラはシャッタースピードとF値も個別に設定できるので、面倒でなければ設定して撮影するとさらに美しい写真が撮れるかもしれません。

ISOやF値はこちらのサイトが参考になります。

誰もが一度は写真を撮ろうとしたことがある月。実は設定が決まっているため正しい設定で撮りさえすれば誰だってキレイに簡単に撮ることができます。今回は初心者でも簡単にできる、月の撮り方を全部まとめた完全保存版をお届けします!

ちなみに上2枚の写真は三脚などは使わず、手に持って撮影しています。PowerShot(パワーショット) SX710 HSは手ぶれ補正機能が素晴らしいです。

設定が面倒なら、日中はとりあえずオートモードでなんでも撮れる

僕がコンデジを購入した理由は、「一眼ではいろいろ設定が難しそう」と思ったからです。価格も高いですし。それで、画質が良くて、光学ズームの倍率も大きく、かつ簡単な操作のカメラを探して見つけたのがこのPowerShot(パワーショット) SX710 HSでした。キヤノン製というのも魅力でした。

ちょうどキャッシュバックキャンペーンもしてましたしね。

天体ファンじゃなければ、そうそう月などは撮影しないでしょう。僕みたいに特別なときに撮るくらいです。一般的には旅先や日常の風景が多いと思います。

実際に撮影した写真をいくつか載せてみます。日常の撮影では「AUTO(オートモード)」にしておけば、とりあえずどんな場面でも対応できます。

つつじの花

IMG_0014

八重桜

IMG_0017

メダカも撮影できます(白っぽいのは飼育水の白濁りのせいです)。

IMG_0134

IMG_0143

朝焼け

IMG_0118

どうですか?綺麗に撮れています。上記の写真はどれも「AUTO(オートモード)」で撮影しました。

もちろん、こだわりたければ手元のダイヤルを回すだけで「スポーツモード」や「ポートレート(人物写真)」「スノー(雪景色)」など様々なシーンに合わせて設定することも可能なので、運動会やスキー旅行でも活躍してくれそうです。花火も撮影できますよ!

マニュアル設定もできます。

wpid-wp-1443598560658.jpeg

画質も良く、とりあえずオートモードにしておけば、自動で58種類のシーンを認識してぴったりな設定で撮ってくれるのでとても楽です。ズームも光学30倍とかなりの遠方も撮影可能。

画質は落ちますが、光学30倍で足りなければ、デジタルズームで最大120倍までズームできます。ただし月の場合は120倍まですると、手ぶれで画面になかなかおさまらないので撮影しづらいです。光学で撮影してトリミングした方が撮影はしやすいです。

相当のこだわりがなければ、コンデジでは十分な性能・機能のカメラです。しかも信頼のキヤノン製品。購入してよかったです。

ただ不満なのが付属の取扱説明書が「かんたんガイド」の小さい冊子だけで、その他の詳しい説明は電子マニュアルをダウンロードしないと読めないということです。僕としては紙のトリセツでペラペラとめくりながら読みたいわけです。電子マニュアルはかえって面倒くさいです(^^;

まあ、通常のスナップ撮影程度では小冊子だけでも差し支えないのですが。こだわりの撮影をしたければ、電子マニュアルにも目を通した方よさそうですね。

Canon PowerShot(パワーショット) SX710 HSのバッテリー、SDカードを含む重さは約269gです。実際に持ってみると多少重いです。

大きさは手のひらサイズで扱いやすいです。

wpid-wp-1443599848633.jpeg

液晶は3.0型と見やすい大きさです。

wpid-wp-1443601442541.jpeg

厚みはこのくらいです。

wpid-wp-1443599853841.jpeg

光学30倍(デジタルズーム120倍)なので、少々遠くても大丈夫なところも気に入っています。

また、Wi-Fi機能もついていて、スマホ、タブレット、パソコン、Webサービス、プリンター(要PictBridge(DPS over IP)対応)、キヤノン製のWi-Fi対応カメラ同士で送信したりできます。

僕も何枚かカメラからスマホに送信して保存しています(専用アプリの導入が必要です)。スマホはどこにでも持ち歩くので、外出先でほかの人に見せることができて便利です。

良いものを持つとワクワクしますね!

これで愛犬やメダカなどバシバシ撮影していきますよ。

ちょっとお高いですが、専用の革製のケースも購入しました。

IMG_0298

IMG_0299

wpid-wp-1446192961242.jpeg

※リンク先がブラック色の場合があります。

現在はブログの写真もほぼこのカメラで撮影しています。もちろん日常のスナップ写真もこのカメラです。

大切に使って末永くこのカメラと付き合っていきます!

この記事はいかがでしたか?他の記事も見ていただけると嬉しいです♪
  • いいね (3)
  • 読んだよ (3)
スポンサーリンク

ブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

フォローすると更新情報が届きます♪

この記事をお届けした
下町メダカ日のFacebookページを
いいねしてチェック!