ブクブクにニゴリ除去タブを強引に使って白濁り解消に成功しました!

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

こんにちは♪

またまた白濁りが発生しました。

今回はアオコや白濁りを除去するというタブレット型の除去剤、スドーの「ニゴリすっきりタブレット」とブクブク(ロカボーイ)を使って対策してみました。

ただこれは正式な使用方法ではなく、どうにかブクブクで濁りを取ってやろうと、思いつきで強引にしてみた事例です。

※正式な使用法は、上部フィルターの上部や、外掛け式フィルターに使用します。
今回は成功しましたが、別の機会には失敗しました。この方法で必ず成功することを保証するものではないことを、あらかじめお断りしておきます。

飼育水の濁りのいきさつ(原因)

実家では石巻貝3匹を40cm水槽で飼育しています。飼育というか、実家のメダカがいなくなったので石巻貝だけが残ったという状態です。

その水槽ではメダカがいなくなった際に、石巻貝だけということもあり水槽を洗って底砂は入れていませんでした。

しかしあるとき、ソイルを入れてやろうと思いつき、飼育水を張ったままバ水槽の右側にバクテリア入りのソイルをそっと入れてみました。

しばらくは問題なかったのですが、ある日白濁りが発生してしまいました。予想では飼育水と環境のバランスが崩れて、バクテリアが大量に死滅したのではないかと思っています。

【追記】
後述しますが、バクテリアの死滅ではなくアオコ(藻類)発生の初期段階の可能性もあります。
-------追記おわり

以前ブクブク(JEXロカボーイ)だけで濁りを解消した経験もあって、今回も同様にしてみました。

参考 メダカ水槽の白濁りに投げ込み式フィルター(ロカボーイ)を使ったら改善したよ

ところが今回は2日経ってもいっこうに改善されませんでした(上の画像)。

ちなみに水槽の底の茶色いのはソイルの粉が堆積したものです。そこを石巻貝が歩いたので、その部分だけ水槽の底が見えています。

本来と違う使用法で濁りの解消に挑みました

今回使用したのは、スドーの「ニゴリすっきりタブレット」です。

ブクブクはジェックスのロカボーイを使いました。

これはフィルターでも回収できない、飼育水に浮遊する微細なものを凝集して、フィルターにかかるようにするというアイテムです。

成分は薬品なのか鉱物のようなものなのかは不明ですが、麦飯石が含まれるものにそのような効果がある製品があります。それと同じような仕組みかもしれません。

「使用後は必ず石けんで手をよく洗ってください」と書いてあるので、何らかの薬品を使っている可能性も?

また魚病薬、コンディショナー、吸着機能のあるろ過剤は同時に使用できません。なのでゼオライト入りのろ過材は避けた方が良さそうです。

このタブレット自体が何でできているかは分かりません。ただ古代魚やナマズ等には使用しないように注意書きがしてあります。

メダカや金魚は大丈夫です。

しかしこんな注意書きがあります。

当製品使用における生体の損害については保障の限りではありません。ご了承ください。

ちょっと怖いですね。

それと稚魚には使えません。またエビなどを混泳させている場合は下記のとおり注意してください

このような凝集剤には古代魚・ナマズ等はNGになっているものがほとんどです。そしてエビ・カニ等の甲殻類もたいてい禁止です
ニゴリすっきりタブレットには甲殻類禁止とは書かれていませんが、避けた方が良いと思います
相手は生き物ですので、面倒でも製品の注意書きはきちんと読んでください。あとこれは淡水用です。

本来は製品裏に書いてあるように、外掛け式フィルターや上部フィルターで使用するようになっています。

しかし僕はブクブクでもできるのではないか?と強引に自己流でしてみました。

ブクブクにニゴリすっきりタブレットを装着

タブレットはこのように小さな穴のあいた通水性のある袋に入っていて、10Lにつき1個を使います

透明の袋からは出さずにそのまま使います。

これをロカボーイの側面にやや強引に押入れて装着。

水槽にドボンと入れて様子をみました。

早ければ30分で効果があらわれるそうです。

効果はあらわれるだろうか?

投入して約30分後。

あまり変わっていません。というか変化なし。1時間経っても変わりありませんでした。

やっぱり正規の使用法出ないとだめなのか?

とりあえずその日はそのまま稼働しておくことに。

24時間後、変化があらわれた!

翌日見に行ってみると、少しですが白濁りが薄くなってきていました!

石巻貝は寒さのせいか全く動いていません(生きています)。

これは期待できそうです。駄目なら以前使っていたテトラの外掛け式フィルターがあるので、それに変更しようかと思っていました。

このままブクブクで頑張ることにしました。

稼働から2日後、水が透明に!

ニゴリすっきりタブレットをブクブクで稼働させてからちょうど2日後(48時間後)。

なんと、飼育水がほぼ透明になっていました

ここまでキレイになれば十分です。

この白濁りが

ここまでキレイに!

劇的にキレイになって感激です。

よく見ると新品を使ったのにフィルターがかなり汚れていました。泡の出かたも余話弱くなっていたので、ブクブクとタブレットは水槽から撤去しました。

任務完了です。

タブレットは湿っていて、押すと崩れそうでした。

貧乏性の僕はこのタブレットがまた再利用できないかと天日干しにしています(笑)

有効期限もあり、再利用して生体に影響するといけないので捨てました。

【追記】
上記の画像ではフィルターが緑色になっています。今回の濁りの原因はいわゆる「白濁り」ではなくアオコ(藻類)・グリーンウォーターの初期の可能性があります。
--------追記おわり

まとめ

投げ込み式フィルターを使うという本来の使用法と違うやり方でしたので、できないかもしれないと思っていました。しかし2日かかったものの十分その効果を発揮してくれました。

「30分で透明に」というのは大げさだと思います。相当な好条件でしょう。すぐにキレイにならなくても、数日間様子をみてみるといいです。

ただ濁りの原因がなくならない限り、また濁る可能性はあります。とりあえず使い続けるという選択もありだと思います。

試していませんが、水作エイトでもいけるのではないでしょうか。

今回は水槽が小さいのでイージーパック(2個入り)を買いましたが、6袋入りもあります。

ブクブクしか持ってないよ!という方は試してみてはどうでしょうか?

ただ正規の使用法ではないこと、必ずきれいになると確約できないこと、注意書きにあるように生体に影響がでる可能性もゼロではないので自己責任でお願いします

この記事はいかがでしたか?他の記事も見ていただけると嬉しいです♪
  • いいね (3)
  • 読んだよ (2)
スポンサーリンク

ブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

フォローすると更新情報が届きます♪

この記事をお届けした
下町メダカ日のFacebookページを
いいねしてチェック!