【メダカだより】#003 尾ぐされがなかなか良くならず。元気のないメダカも発生

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

こんにちは♪

1週間に1度お伝えする、メダカだより3回目です。

メダカだより

元気のないメダカをプラケースに移動

●5月15日(日)
元気のないメダカが1匹いる。物かげ(土管)の裏に隠れていたりする。
メダカの呼吸が早いような気がする。メチレンブルーは酸欠の可能性があると聞いたが、グリーンFゴールド顆粒はどうなのだろうか?

[補足]
元気のないメダカは餌もほとんど食べませんでした。
呼吸の早さはどうやら普通のようです。

●5月16日(月)
尾ぐされが進行している。
元気のないメダカは、ほとんど底にいることが多くなった。
酸素供給のため、エアーストーンを設置してみた。ずっと作動させるのは水流でメダカに負担がかかりそうなので、たまに10分程度作動させている。

[補足]
人生初のエアーストーンです。グリーンFゴールド顆粒も酸素が良いという噂を聞いたので(事実かは不明)。
現在は朝昼晩の3回、20~30分程度作動させています。

●5月17日(火)
プラケースの掃除をした。
エビを金魚鉢から30cm水槽へ。きのう準備しておいた。
今日は朝10分、昼30分、夕20分ほどエアレーションした。薬には日光が良くないとのことなので、厚いカーテンをし、直射日光が当たらないようにした。
尾ぐされのメダカはいまだに状況は良くならないが、元気はある。
ホームセンターで国産の無農薬のマツモを買って、プラケースとエビを入れた水槽に入れた。

[補足]
プラケースには昨年生まれて、発育が遅いメダカを1匹保護しています。
エビがいるので無農薬のマツモにしました。

DSC_1879

●5月19日(木)
夕方にグリーンFゴールド顆粒を再投入した。水は10L入れ換えたので塩は50g入れた(0.5%)。
その際に、元気のないメダカは動きが鈍くなっているので水槽から出し、水合わせをしてプラケースにへ移動した。

[補足]
この薬は薬効が5~7日なので、最初の投入5月12日から7日目の19日に、10Lの換水と共に薬を再投入しました。その際に、塩分も薄くなるので、追加しました。
薬も毒なので、元気のないメダカはそれが原因?とも思って移動しました。

関連記事

今回のメダカだよりの内容は、すでに記事にしている尾ぐされ病治療の「見守り編」とダブっています。そちらの記事もぜひ♪

こんにちは♪メダカが尾ぐされ病にかかって、グリーンFゴールド顆粒での薬浴による治療中です。前回は薬の量を間違えるという失敗を...
この記事はいかがでしたか?他の記事も見ていただけると嬉しいです♪
  • いいね (1)
  • 読んだよ (1)
スポンサーリンク

ブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

フォローすると更新情報が届きます♪

この記事をお届けした
下町メダカ日のFacebookページを
いいねしてチェック!