メダカの尾ぐされ病が再発!今度はメチレンブルーでの治療をしています

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

こんにちは♪

尾ぐされ病の治療がやっと終わり、やれやれと思っていたら、再発してしまいました。

罹患したのは前と同じ2匹です。約1カ月かけてグリーンFゴールド顆粒で治療し、きちんと治ったと思っていたのですが、再発です。

しかも1匹は尾ぐされが原因ではないものの、深刻な状態です。

尾ヒレが破れてきました

IMG_0977

手前の痩せたメダカです。尾ヒレが割れて破れたようになってきました。

痩せているのは、口が少し変形していて、浮いている餌をうまく食べられないためです。餌を目の前に落としたりしてやるのですが、なかなかうまくいきません。

とにかく尾ぐされをどうにかしないといけないので、薬浴することに。

もう1匹は前に最初に尾ぐされ病になったメダカです。上のメダカより2日後に発見しました。

IMG_0990

こちらも尾ヒレが裂けています。

メチレンブルーと塩で治療

今回はメチレンブルーと塩での薬浴をすることにしました。そして、水槽ではなく、プラケースを使用しました。

200mlあるけどこんなに沢山あっても使い切れない。ただし価格は安い。

IMG_0983

6月20日に1匹目を薬浴。2Lに0.5%の塩(10g)を溶かした水に、2Lに対する規定量0.5mlのメチレンブルーを投入。水合わせをして薬浴を開始しました。

IMG_0982

もう1匹は6月22日に同様に水合わせして薬浴プラケースへ入れました。

IMG_0998

画像にも写っていますが、常時するわけにはいかないので、時々エアレーションで酸素を送っています。メチレンブルーは光を避けた方が良いので、今回は完全に日の当たらない場所で薬浴しています。

6月24日に水を全換えして、新しい薬浴水を作りました。

ペットボトルを切ったもので水合わせ。

IMG_1006

メチレンブルーはグリーンFゴールド顆粒のときに比べて、色のせいもあり症状が観察しづらいです。現状があまり把握できません。

痩せていないほうのメダカはすこぶる元気で、餌もきちんと食べます。尾ぐされが治りさえすれば、安心です。

問題はもう片方のメダカです。画像でもわかるように、かなり痩せています。少しお尻が落ち気味で、立ち泳ぎのようになっています。

IMG_1011

これは尾ぐされ病の症状ではなく、餌を上手に食べられないため、痩せて弱っているのだと思います。

水槽にいた時は、他のメダカが突いて落ちてきた餌を食べるということをしていたので、尾ぐされ病が治癒し、水槽に戻せれば、もしかしたら改善されるかもしれません。

しかし今の状態は写真を撮ったときよりも痩せていて深刻です。持ちこたえてくれればよいのですが。

観察を怠らないようにします。

関連 続編です
メダカの尾ぐされ再発!メチレンブルー+塩での治療経過報告

この記事はいかがでしたか?他の記事も見ていただけると嬉しいです♪
  • いいね (4)
  • 読んだよ (4)
スポンサーリンク

ブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

フォローすると更新情報が届きます♪

この記事をお届けした
下町メダカ日のFacebookページを
いいねしてチェック!