メダカも水温低下対策の準備をしよう。ヒーターを調べると寿命が短かくてビックリ!

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

こんにちは♪

知りませんでした。水槽用のヒーターって耐用年数が1年間なんですね!?

ホームセンターで熱帯魚とかメダカ用のヒーターのパッケージをよくみたらどのタイプにも書いてありました。寿命短か!

でも1年って継続使用でなのか、累積なのか?その辺は不明です。たぶん温かくならなくなったら寿命なのでしょうね(故障以外で)。

お店でリサーチすると、温度調節できるやつでサーモスタットとヒーターに分離でき、付け替え用があるタイプもありました。

IMG_0228

このようにメダカに年中卵を産んでもらって増やしたい方には冬にはヒータは必需品ですよね。メダカちゃんの冬支度。

また改良メダカのダルマ系のメダカは低水温に弱く、転覆病になる可能性もあるそうなので使用した方が良いかもしれません

そこで僕が実際にお店で見たいくつかのヒータを書き出してみました。

ちなみにヒーターはエアレーションやフィルター(ろ過装置)など、水が撹拌されている状態でないと設置できません(もしかしたら可能かもしれませんが、水槽内で水温がかたよるかもしれません)

寿命がきたらヒータだけ付け替えられるタイプ

温度調節ができるサーモスタット部分と、ヒータ部分に分かれていて、ヒーターの寿命がきたら付け替えができるタイプです。もちろん交換用ヒーターも販売されています。

ジェックス(JEX)の「ジェックス メタルヒートパック」は、ヒーターのカバーがステンレスで、カッコいいです。カバー部分は分解できて掃除ができるそうです。

「SH80」は26リットル以下まで使用可なので40cm水槽まで、「SH160」は64リットル以下まで使用可なので60cm水槽まで使えます。その中間の「SH120」(48L以下)、大容量向けの「SH220」(110L以下)もあります。

SH220までは、それぞれ同じサーモスタットなので、交換用メタルヒーターはどの大きさでも互換性があります。

ただ、デメリットと考えられるのが、カバーが金属なので、メダカなどの生体が触れたときに火傷をしないか心配です。実際に触ったことがないので何ともいえないのですが。

石巻貝がウニョーって立ち入って「アチッ!」てなったら大変です。近寄ったら「熱そうだな」って感知できるんですかね?

IMG_0217

使い切りタイプ

「ジェックス メダカ元気 オートヒーター SH55」は難燃性樹脂をカバーに使用したジェックス(JEX)の製品です。18リットルまでの小型水槽用で、メダカに快適な23℃に水温を固定して保ってくれるそうです。

カバーのないタイプの「オートヒーター 55」というのもあるのでお間違えのないよう!

火傷もしなさそうだし、30cm水槽など小型水槽ならこちらが本命かもしれませんね♪
寿命はやはり1年間でした。

僕はヒーター使いません!

ここまで書いておいてなんですが、僕はヒーターを使いません。使わない以前に使えません。止水飼育だからです。使うには基本的にエアレーションなど水の循環(撹拌)が必要です。なので自然にまかせます。

それに僕の場合は飼育スペースが限られているので年中産卵されては困ります(笑)

さらにそのほうが管理が楽なんですよ、冬眠に入るので水質があまり悪化せず、水換えの回数もさほどいらないので。

今(10月)はまだめちゃめちゃ元気に泳ぎ回っています。

IMG_0214

IMG_0215

IMG_0227

冬でもメダカの元気な姿が見たい!産卵させて採卵したい!っていう方は上記のようなヒーターの利用を検討されてもいいかもしれませんね(^^)

この記事はいかがでしたか?他の記事も見ていただけると嬉しいです♪
  • 読んだよ (7)
  • いいね (5)
スポンサーリンク

ブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

フォローすると更新情報が届きます♪

この記事をお届けした
下町メダカ日のFacebookページを
いいねしてチェック!