【悲報】メダカの稚魚が亡くなりました。

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

こんにちは。

きのうお伝えした通り、メダカの稚魚1匹が危篤状態に陥っていました。亜硝酸濃度は調べた結果は異常なかったので、アンモニア中毒の可能性もありました。とりあえず隔離して、塩浴(塩水浴)をして様子を見ていました。

弱々しいものの、今日の午前0時頃にはまだ生きていました。どうにか体力がもって、元気を取り戻して欲しいと願い、床につきました。

そして午前8時、目覚めてさっそく様子を見てみると…残念ながら亡くなっていました。

まだ白い部分(死ぬと遺体が白くなってきます)があまりなかったので、未明に永眠したようです。

体長は6mmで5月10日頃に生まれた個体だと思います。14日(2週間)過ぎればだいたい大丈夫と言われますが、20日経っても気は抜けないです。それは水質に問題ないときであって、何日経っても水質に細心の注意が必要です。フンや残り餌の除去、僕はそこらへんを怠ったかもしれません。

まだ原因不明です。

昨晩アンモニア試薬をAmazonで注文しました。今日中に到着予定です。到着したらすぐにエビの水槽と共に、メダカプラケースのアンモニア濃度を測りたいと思います。

死んだ稚魚ちゃん、お疲れさまでした。よく頑張ったね。

白タンポポ

この記事はいかがでしたか?他の記事も見ていただけると嬉しいです♪
  • いいね (8)
  • 読んだよ (5)
スポンサーリンク

ブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

フォローすると更新情報が届きます♪

この記事をお届けした
下町メダカ日のFacebookページを
いいねしてチェック!