メダカ水槽のLEDライト「フラットLED300」が到着したよ。さっそく設置しました♪

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

こんにちは♪

Anazonでポチったやつが届きました。

そう、待ちに待っていたLEDライト、コトブキの「フラット LED」です(^^)

今回は30センチ水槽なので「フラット LED 300」を購入しました。

これをヤマトヌマエビ(メダカ)水槽に設置します。

wpid-wp-1431152433887.jpeg

画像で伝わりにくいのが残念ですが、スマートでシンプルながら、よく働いてくれそうな製品でした。

水槽に設置してみました

準備

箱から出した状態はこんな感じ。

wpid-wp-1431152479140.jpeg

透明なクリアリフトスタンドというのが付属品として入っています。

wpid-wp-1431152489081.jpeg

このスタンドを本体の溝に差し込みます。これがスライドして、水槽サイズに合わせることができるようになっています。

wpid-wp-1431152494502.jpeg

注意事項

設置の前に注意事項が書いてありました。

『※水槽にはガラスフタ、プラフタを必ずセットした状態で本製品を設置してください。』

wpid-wp-1431152548355.jpeg

水槽への落下、水蒸気の影響で本体内部に水分が付着して、故障の原因になるそうです。また、エアレーションをしている場合も、水の泡がはじけたりしても水分が付着するので、必ず蓋はしたほうが良さそうです。

いよいよ設置

おまたせしました!いよいよ設置します。

先ほどのクリアリフトスタンドを水槽の横幅に合わせて、水槽の縁の上に乗せます。注意事項に従って、ガラス蓋の上に設置。

wpid-wp-1431152555719.jpeg

おお~!なかなか良いではないか。

スイッチをいれると…

wpid-wp-1431152502302.jpeg

wpid-wp-1431152518247.jpeg

光量も十分で明るく、僕の30cm水槽では十分です。 多少人工的な感じはしますが、自然光に近付けていると説明されている通り、不自然さはありません。

白・赤・青の三色のLEDを使ってあるので、水草の生育にも良いそうです。

「Blue・Ledモード」というのもあって、スイッチを入れかえると、幻想的な世界に浸れます(実際は画像よりもう少し暗めです)。

wpid-wp-1431152524961.jpeg

フラットLEDの特徴

僕が気に入った点

・枠付き水槽でも、オールガラスのようなフレームレス水槽でも設置できる。
・照射角度が120度で、水槽全体を照射できる。
・スタイリッシュ。薄型のアルミ素材でシンプル。
・十分な光量。青・赤の波長も加えることで水草の光合成も促す(重要!)。

気になる点

・いつかはLEDの寿命がくる。LEDチップの交換はできないので寿命がきたら本体ごと買い替え。理論上の寿命は40000時間。例えば1日10時間使って約10年間ですが、使うに従って明るさも暗くなってくるので、実際はもっと早く買い替えの時期がくるかも。
・放熱のため、アルミ板が多少熱をもちます。なので間違ってもデコってはいけない(笑)

この小さいつぶつぶ(LEDチップ)が発光します
wpid-wp-1431152462974.jpeg

感想

総括して、「フラット LED300」は僕の水槽に関しては望みに応えています。まだ届いて数日しかたっていませんが、今のところ合格点です(^^)

【動画】フラットLED300を設置した水槽の様子

スタイリッシュな照明をお探しの方はぜひ。

関連
おしゃれ!メダカ用に30cmオールガラス水槽を買ったよ。

この記事はいかがでしたか?他の記事も見ていただけると嬉しいです♪
  • いいね (9)
  • 読んだよ (2)
スポンサーリンク

ブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

フォローすると更新情報が届きます♪

この記事をお届けした
下町メダカ日のFacebookページを
いいねしてチェック!