う~ん、美味しい。池島さんのネパールコーヒー到着!理念にも共感。

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

こんにちは♪

注文した池島さんのネパールコーヒーが届きました。2015年6月5日(金)に「こんなところに日本人」で紹介された方のコーヒーです。

wpid-wp-1434088806307.jpeg

池島さんって?

池島さんは「Farmer’s Passion」というブランドの代表をされている方です。

コーヒーの栽培を通して、ネパールの貧困と向きあい、「みんなで豊かになる」ためのビジネスをモットーに事業を展開されています。

実際に各家庭に水道が引けるようになったり、お湯シャワーを設置できるようになった家庭もあるそうです。また、収入が増えたことによって、貧困で学校に通えなかった村の子供たちが、学校へ通えるようになったということです。

豊かな日本では当たり前ことも、ネパールではまだまだ行き届いていないんですね。池島さんはその状況を打破しようと、日々奮闘されています。

そんな中で作られたコーヒーが、僕の手元に届いたコーヒーです。

このコーヒーはフェアトレードで取引されています。生産者がきちんと正当な報酬を得られるための制度です。悪い言い方をすれば「ぼったくり」をなくそうという仕組みです。池島さんは、ゆくゆくはフェアトレードからも自立することを目指しているそうです。

コーヒーと一緒に同封されていた冊子に詳しく書かれています。

wpid-wp-1434122731192.jpeg

気になる味は?

ではさっそくコーヒーを淹れてみましょう。

袋にはきちんと焙煎日が表示されています。これだけでも信頼度がアップです。

wpid-wp-1434121217957.jpeg

僕が買ったのは「ハーフ&ハーフ(中煎り)」です。きれいな色をしています。袋を開けるとコーヒーの良い香りが部屋に漂います。

wpid-wp-1434088831616.jpeg

豆を挽くとさらに良い香りが立ちこめてきました。

問題はここから。新鮮なコーヒーなら、蒸らしのときに粉がもわ~っと膨らみます。

膨らみました!

味はどうでしょうか?

wpid-wp-1434088845011.jpeg

僕にはちょうど良い、比較的しっかりとした苦み(強いと感じる人もいるかも)。酸味はあまり感じません。嫌な雑味もなく飲みやすいです。2杯分をぐぐっと飲み干しました。

淹れ方によって味が変わるので、参考までに書くと

・使用豆 ハーフ&ハーフ(中煎り)
・ペーパードリップ(ハリオ式)
・挽き方 中挽き
・お湯の温度 95℃くらい

で淹れました。

いつも購入している輸入食糧品店の倍の値段です。ただ、それだけの価値はあります。毎回は買えないかもですが、ぜひまたリピートしてみたいと思います。

不味いのに買って応援するというのは違うと思うんですよね。しかしこのコーヒーは美味しい。これならビジネスとしてもいけると思います。

直営カフェがあります

「Farmer’s Ppassion」には「SEED to CUP(種からカップまで)」という理念があるそうです。生産の段階から飲むまで、責任を持つということだそうです。

その一環として愛知県豊川市で、直営のカフェレストラン「molcafe(モルカフェ)」の経営もされています。お近くの方は足を運んでみてはいかかでしょうか。コーヒー豆の販売もあります。

molcafe(モルカフェ)
〒442-0025 愛知県豊川市東豊町5丁目22番地
営業時間 8:00~18:00
定休日 水曜日

僕は遠方のため、こちらのオンラインショップからコーヒー豆を購入しました。

Farmer’s Ppassionホームページ SHANTY・SHANTY・珈琲農園

僕のおすすめは「豆」で買うことです。挽いた状態で保管しておくと味の劣化が早まるので。

豆はジップロックに入れて、冷蔵庫に保管しています。

wpid-wp-1434088837351.jpeg

関連記事
発見!イケさんこと池島さんのネパールコーヒー/こんなところに日本人 

この記事はいかがでしたか?他の記事も見ていただけると嬉しいです♪
  • いいね (4)
  • 読んだよ (1)
スポンサーリンク

ブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

お役に立ったらシェアしてくださると喜びます(^^)

フォローすると更新情報が届きます♪

この記事をお届けした
下町メダカ日のFacebookページを
いいねしてチェック!